進化について

iPhoneは登場から大きな進化を遂げてきました。ハードウエアの面においては当初から既に完成形と言われてきたわけですが、内部的には毎回大きな進化を遂げているのです。

まず、CPUの面についてですが、現在の最新モデルであるiPhoneXR、XSに搭載されているのは、次世代のNeural Engineを搭載したA12 Bionicチップと呼ばれるものです。これは、前モデルであるiPhoneXに搭載されていたNeural Engineを搭載したA11 Bionicチップと比べてさらに高性能なものとなっています。耐水性能においても優れており、iPhoneXSMaxにおいては水深2メートルで最大30分間の耐水性能を実現しています。

ディスプレイに関しては、登場当初3.5インチだった液晶画面は最も大きなもので、6.5インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi-Touchディスプレイを実現しています。今までのモデルでも十分に美しい画面でしたが、モデルチェンジと共に、ただ単に大きくなっただけで画素が荒くなるのではなくて、画面に合わせてより美しさを増しています。iPhoneはこれからも時代に合わせて大きく進化を遂げていくことは間違いないかと思われます。

Copyright © iPhone革命, All rights reserved.